監獄のお姫様 動画 10月17日無料視聴見逃した!ドラマサイトauビデオパス

 

ということで記事をお伝えします。

 

 

 

『監獄のお姫さま』を見逃した!

 

監獄のお姫様の見逃し配信無料視聴や再放送動画で視聴したい

 

監獄のお姫様を見逃すと話題についていけなそうですね

 

なんといいましても、やっぱり、タイトルがすごくインパクトありますよね。

 

ドラマというよりは、まるで映画のようなタイトルです。

 

 

内容は、女子刑務所を舞台にしたものらしいですが、刑務所なのに「お姫さま」というのが、とても不思議な感じがします。

 

 

 

 

監獄のお姫様動画10月17日公式tbsyoutube

 

 

 

 

監獄のお姫様動画10月17日無料視聴/見逃し配信/再放送auビデオパス

 

 

auビデオパスですが、月額費が格安ワンコインで最新話も楽しめます.

 

スマートフォン・タブレット・パソコンなどマルチデバイスで楽しめます.

 

スマートフォンで見ていた映画の続きを、パソコンやタブレットで楽しむことも可能!テレビならHD画質で視聴が楽しめます。

動画10月17日は、tver(ティーバー・ディーバー)やtbs FREE、tbs オンデマンド

がいいと思っていた時期もありましたが、スマホのパケットがすぐに消費してしまいます。

 

私は、auユーザーで、動画がstreamin再生できて、通信費がかからないauビデオパスの高画質再生がいいですね

 

私は月に数度映画館も行くため、ポップコーンや映画代金で完全に得していると思います。

 

 

ダウンロード(dl)再生した作品を他人に見られないよう履歴も残らずプライバシーが守られるもいいですね

 

auビデオパスはテレ朝に強くて、テレビ地上波放送後にすぐに配信されます

 

なぜかというと「auビデオパス」はテレ朝公式パートナーで

 

その他TBSオンデマンド、フジテレビオンデマンド(FOD)、テレ東、映画も楽しめます。

 

最新映画も独占的に先行配信します。

 

最新話なのに『見放題』作品が多いのは「auビデオパス」の特徴です。

 

 

監獄のお姫さまはauビデオパスで配信されています

 

auビデオパス公式サイトは、下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

auビデオパスの公式サイトは下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

au公式/ビデオパス‎ 初回30日間無料

 

 

 

auビデオパスのおすすめ作品

 

 

独占配信は大注目

 

 

監獄のお姫様動画10月17日無料視聴/見逃し配信/再放送U-NEXT

私はauビデオパスがみれるけど、ドコモやソフトバンクユーザーはどうするの?ってなりますよね。

そういう時は、キャリアフリーのU-NEXTの一カ月間の無料お試しキャンペーンで作品を見るのもお勧めです。

U-NEXTは作品の多さが魅力です。

ダウンロード(dl)再生、高画質streamin再生も可能です。

 

 

auビデオパスの公式サイトは下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」の31日間無料お試しキャンペーンはこちら

 

 

 

 

監獄のお姫さまドラマの見どころ

 

菅野美穂さん演じる勝田千夏が伊勢谷友介さん演じる板橋五郎とテレビ番組の収録で一緒になる展開にまず驚きます。

 

 

しかも二人が知り合いで親密そうな雰囲気というのも過去に何があったのか気になるところなのですが、イケメン社長とカリスマ経済アナリストを呼ぶ番組ってどんなものなのなんだよと思ってしまいます。

 

 

でもそれより気になるのは板橋五郎に対してメッセージを伝えるために小泉今日子さん演じる馬場カヨがスタジオに入り込んだということです。

 

 

ドラマだからと言って簡単にセキュリティを突破できるとは思えないので、ADが出すカンペをすり替えるためにどんな方法で潜入するのかとても気になります。

 

 

あらすじの続きを読んでいくとカンペをすり替えて板橋五郎へメッセージを伝えるまでは完璧のように見えるのに、その後がまるで計画通りにいかないようなので面白くなりそうだなと思ってしまいます。

 

 

なぜ坂井真紀さん演じる大門洋子は誘拐する子供を間違えるという意味のわからないミスを起してしまうのかとても気になりますし、皆で立てたという復讐ノートがどれだけちゃんと下調べしたものなのかも気になります。不安だらけの復讐劇の開幕がどう進み、10月17日の収拾がどうつくのかとても楽しみです。

 

監獄のお姫さまドラマのあらすじ

 

 

社長が女たちによって誘拐されてしまいました。

 

しかし、被害者である社長は実は愛人殺しであり、代わりに冤罪で刑務所に入ってしまった前社長の娘を助けるため、この誘拐劇がしかけられたのでした。

 

さて、話は過去にさかのぼっていきます。

 

浮気した夫を刺したという馬場カヨ(小泉今日子)が女子刑務所に送られてきました。

 

 

馬場カヨのほかにも、女子刑務所にはすごい女たちがいました。

 

 

人殺しだという江戸川しのぶ(夏帆)、詐欺師だという大門洋子(坂井真紀)、薬物を持っていたという足立明美(森下愛子)、脱税をしたという勝田千夏(菅野美穂)。

 

 

刑務官の若井ふたば(満島ひかり)は、そんな面倒な女たちに厳しく接するものの、次第に犯罪者である彼女たちに惹かれていくのでした。

 

 

 

やがて出所を果たした皆は、実は冤罪だったという江戸川しのぶのため、復讐へと走っていくことになります。

 

監獄のお姫さまドラマのキャスト

 

馬場カヨ(小泉今日子)

 

若井ふたば(満島ひかり)

 

板橋吾郎(伊勢谷友介)

 

江戸川しのぶ(夏帆)

 

大門洋子(坂井真紀)

 

足立明美(森下愛子)

 

勝田千夏(菅野美穂)

 

長谷川信彦(塚本高史)

 

小島悠里(猫背椿)

 

板橋晴海(乙葉)

 

馬場公太郎(神尾楓珠)

 

護摩はじめ(池田成志)

監獄のお姫様相関図

 

 

監獄のお姫さまドラマのスタッフ

 

脚本:宮藤官九郎

プロデューサー:金子文紀、宮﨑真佐子

演出:金子文紀、福田亮介、坪井敏雄、渡瀬暁彦

音楽:ワンミュージック

主題歌:安室奈美恵

編成:磯山晶

 

監獄のお姫さま 小泉今日子さんについて

 

 

小泉今日子さんの魅力は、何と言ってもその明るさだと思います。

 

 

小泉さんといえば、アイドルとしてデビューしてから、長い間芸能界を生き抜いてきたベテランです。長い間芸能界にいるかたの中には、残念ながらお高くとまったような雰囲気が見られたり、妙に落ち着いてしまったりするかたも多々います。

 

しかし小泉さんは、全くそんな様子がないのです。トークメインの場面では、ベテラン女優とは思えないほど冗談を交えながら楽しげに話すところを多く見かけます。

 

それも、相手の年齢や性別、立場を問わずに話すのです。また、ドラマの役も明るく陽気な役が多く、どの役もどこか普段の小泉さんとリンクしているように感じます。

 

年齢を重ねて尚、ここまで明るく振る舞い、周囲に明るさや元気を届けることが出来るというのは、なかなか出来ることではないと思っています。

 

小泉さんだからこそ出来ることだと感じます。そんな小泉さんの明るさに、年上や同じくらいの方々はもちろん、若手の俳優・女優さん達も気楽な気持ちで出来ているのだろうなということが、画面を通しても伝わってくるのです。

 

そんな周囲の気持ちを明るく元気に出来る性格は、小泉さんの大きな魅力だと思います。

満島ひかりさん(監獄のお姫様キャスト)

 

 

満島ひかりさんの魅力は、数えきれないほどあります。

 

 

まずは高い歌唱力です。過去には、Folder(後にFolder5という名義になる)というグループで歌を歌っていた満島さん。

 

 

今でも活躍している三浦大地さんやAKINAさんらと活動し、何枚かシングルやアルバムを発売しています。

 

 

当時は、ダンスをしていることが多かったですが、歌声のレベルは高く、現在でもその歌声は健在です。CMで披露した歌声が話題となり、最近また曲を出したりしていますが、個人的にもその歌声に魅了され聞き入ってしまいました。

 

どちらかというと可愛らしい顔立ちをしている満島さんからは想像も付かないほどパワフルな歌声を聴かせてくれるところは、大きな魅力です。また、歌唱力と同じくらいに演技力のレベルも高いです。

 

心優しい人物を演じて心を穏やかにしてくれたかと思えば、闇を抱えているようなシリアスな人物を演じてドキドキさせられ、そうかと思えば明るくて元気な人物を演じて笑わせてくれたりと、様々な役を見事に演じ分けています。

 

しかも、笑うとその笑顔は可愛いのに、シリアスさを出すとそれは本当に怖い。本当に同一人物なのかと疑ってしまうほどの役の入り具合を見せてくれます。

 

歌唱力も演技力も、どちらも全く中途半端ではなく、むしろ完璧に近いです。

 

これほどまでに他ジャンルを器用にこなせることで、魅力はグッと増しています。更には、そんな器用なのに、フリートークとなると、沖縄のゆったりした感じが出るので、満島さんが喋り出すと、どこかゆっくり穏やかな時間が流れます。

 

多くのギャップを持つ満島さんは、魅力の塊だと感じています。

 

菅野美穂さん(監獄のお姫様キャスト)

 

 

 

 

圧倒的に美人な女優さんなのに、飾らず明るく周りを元気にするようないくつになっても、チャーミングで可愛らしい女性から見ても、非の打ち所がない方ですが、演技力は本当に素晴らしく、どんな役でも印象深く他の方では出来ないような迫力や存在感を毎回見せてくれるところは、なかなかこれだけ何年も活躍されている女優さんで他にいないのではないかと思います。

 

影のある役や犯人役や少し狂気に満ちてる役であっても、ただ怖いだけではなくどこか切なさや人間味を感じさせる演技で引き込まれますし、ドラマの深みを増してるのは菅野美穂さんの演技力だと思います。

 

小説からドラマ化や映画化する際に、たまに違うなイメージじゃない、チープになると思うことが多いですが、菅野美穂さんでそれを感じたことは全くなく、逆に台本や他のキャストに魅力をそこまで感じていなくても、菅野美穂さんが出てるなら面白そう、見たいと思わせてくれますし、その期待値を実際に見て裏切られたことは全くありません。

 

人柄や美しさは勿論ながら、圧倒的な女優としての確立した演技力と存在感がいつまでも色褪せず第一線でご活躍されている結果なのかとは、いつも拝見しながら感じています。

監獄のお姫さまドラマのまとめ

 

全員が、「道を踏み外した者」というイメージがありますね。若井ふたば (満島ひかり)だけはまともかな?とも思いましたが、計画が崩れ始めて馬場カヨ (小泉今日子)が相談してるので、「ある意味同類?」と勘繰ってしまいます。

 

 

 

復讐(?)相手の勝田千夏 (菅野美穂)と板橋吾郎 (伊勢谷友介)のスケジュールや家族構成の把握、行動監視にテレビ局への潜入して細工までしている。にも関わらず、「誘拐する子供を間違える」なんて、詰めが大甘すぎです。緻密なのか大雑把なのか、よく解りません。

 

 

人物紹介を見ても個々の事情につながりが見えない、どういった経緯で仲間になったのか、こんなことを計画した意図は何なのか、まさにカオス。

 

 

話が進めば、それぞれの事情の深い部分や人物の相関も明らかになっていくはず。

 

 

「監獄のお姫さま」は、もつれにもつれた人間関係の解明と、予定を大きく外れた事態を、どう修正していく(あるいは混乱が加速する)かを楽しむドラマみたいに感じます。

 

 

それにしても、ドラマはもちろん、現実の計画も大抵”予想外”の出来事が起こります。

 

 

それに冷静に対処するのは本当に難しいものです。馬場カヨ (小泉今日子)の口癖は「冷静に」ですが、キョンキョンはどこまで冷静に行動出来るのか?見物です。
&nbs