本記事は以下の通りで書いています。

 

 

① オトナ高校ドラマ地上波の放送を見逃した!見逃した時や見逃した場合のauビデオパスの説明

 

 

② オトナ高校ドラマ公式動画のyoutube(ユーチューブ)の紹介

 

 

③ オトナ高校ドラマを見た感想

 

 

④ FODプレミアム、auビデオパスの特徴

 

 

⑤ オトナ高校ドラマの動画第1話を無料視聴してみた感想、ネタバレ、あらすじ

 

 

などを紹介します。

オトナ高校ですが、テレビ朝日がauビデオパスの公式パートナーなので配信早いですね(^_^)

 

スピンオフや本編動画がもう配信されています

 

 

 

 

u-nextやTSUTAYADISCAS TVもこれに続けばドコモやソフトバンクユーザーも便利ですが、まだ配信は、ないですね

 

 

 

U-NEXTでオトナ高校の配信を確かめる

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスで配信を確かめる

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

 

まだ配信がないためお勧め作品を紹介しています(^_^)

 

オトナ高校動画1話公式youtube予告

 

 

出展:テレビ朝日公式

 

 

オトナ高校動画1話無料視聴/見逃し配信/再放送auビデオパス

 

 

auビデオパスは、auユーザーの方が見れるサービスで、最新話が無料の他、月額見放題で見ることができます。

 

もちろんその他サービスもあり映画館などの割引が素晴らしく

 

月に一度でも映画館に行く方は、元が取れるのではないでしょうか?

 

auビデオパス公式は、下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

au公式/ビデオパス‎ 初回30日間無料

 

 

オトナ高校ドラマ公式の最新話あらすじ、ネタバレ

 2017年秋のことです。

 

トップバンクで将来を嘱望されるエリート行員・荒川英人(三浦春馬)は突如、見知らぬ男・嘉数喜一郎(杉本哲太)からピンクの書状を渡されます。

なんと日本ではこのたび、第二義務教育法案がまとまり、公的教育機関「オトナ高校」を設立します。

 

女性経験、男性経験のない三十歳以上の男女を入学させます。

 

そして、本当のオトナになるための英才教育を受けさせることを決定します。

 

そんななか、英人が手渡されたのは、まさにその入学召喚状だったのです。

 

何を隠そう、英人はその容姿や男性としての魅力からは想像もできない

 

“正真正銘の童貞”

だったのです!

 

 「おいいいいい!何で俺が“童貞”だって知ってんだよ、国家ぁぁぁぁぁ!」と激しく動揺します

 

そういうことで入学を断固拒否しようとする英人のストーリーなのです。

 

だが、入学を拒否すれば逮捕、服役等の罰則があるというのです

 

そこで英人は入学期日までに、オトナ高校の卒業条件である“童貞卒業”を達成しようと画策します。

 

――そう、今まで出来なかったんじゃない。本気でやろうとしなかっただけだ――

 

 だが、現実はあまりにも厳しいです

そうこうしているうちに、とうとう入学の日がやって来ます。

 

そこには未だ処女のキャリアウーマン・園部真希(黒木メイサ)はもちろんのこと、英人の上司である生徒・権田勘助(高橋克実)のといった大人の男性、女性の姿もありました。

 

 自分のことは遥か高く棚に上げ、英人はほかの生徒らを見下しながら、授業を受け始めるることになります。

 

 はたして英人は、無事オトナ高校を卒業できるのか!? 恋せよオトナ! 大人だけの学園ドラマが始まります。

 

オトナ高校動画1話auビデオパスでみるメリット三浦春馬さんがかっこいい

 

普段は爽やかなイケメン役の多い三浦春馬さんが、エリート銀行マンなのに童貞という、ちょっと三枚目っぽい役柄が珍しいと思うので、どういう風に演じられるのか期待しています。

 

他にも高橋克実さんや黒木メイサさん、杉本哲太さんなど、ちょっと癖のある俳優さんも多いので、恐らくコメディタッチの作品だと思いますが、30代男女の学園恋愛ものというコンセプトが斬新で、予想もつかない展開になりそうなところにも期待しています。

 

 

 

登場人物のキャラ設定も、頭が良すぎて逆にバカな残念エリートとか、二次元の世界にどっぷり浸かっているオタクこじらせ女子、不倫にハマっているキャリアウーマン、異常にモテるのになぜか童貞のイケメンなど、現実にいそうな人物ばかりのところが、オトナ学校という非現実な設定とギャップがあって惹かれます。

 

生徒達につけられているあだ名も、それぞれの人となりを上手く表現していて、思わず感心してしまいました。

 

ストーリー的には、処女や童貞といったプライベートな部分を国家が把握しているという恐怖とか、自分より年下の教師に恋愛を指南される屈辱感とか、突飛な発想の中にも精神的に考えさせられる部分もありそうです。

 

少子化対策というリアリティのあるテーマをデフォルメした、軽そうに見えて深い作品のような感じが魅力的だと思います。

オトナ高校の公式ツイッターは