BORDER 衝撃に関しましては、auビデオパスで見ることができます。

 

本記事は以下の通りで書いています。

 

 

① ボーダードラマ地上波の放送を見逃した!見逃した時や見逃した場合のauビデオパスの説明

 

 

② ボーダードラマ公式動画のyoutube(ユーチューブ)の紹介

 

 

③ ボーダードラマを見た感想

 

 

④ auビデオパスの特徴

 

 

⑤ ボーダードラマの動画10月13日放送日分を無料視聴してみた感想、ネタバレ、あらすじ

 

などを紹介します。

 

ボーダー動画10月13日youtube予告

 

 

ボーダー動画10月13日無料視聴/見逃し配信/再放送auビデオパス

 

auビデオパスは、auユーザーの方が見れるサービスで、最新話が無料の他、月額見放題で見ることができます。

もちろんその他サービスもあり映画館などの割引が素晴らしく

月に一度でも映画館に行く方は、元が取れるのではないでしょうか?

 

 

auビデオパス公式は、下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

 

 

ボーダードラマ公式の最新話あらすじ、ネタバレ

 

永正大学医学部法医学教室の教授・浅川透(石丸幹二)のもとで働く助手・比嘉ミカ(波瑠)は、どんなに検案・解剖の経験を積んでも独り立ちさせてもらえない現状に、鬱屈とした感情を抱えていた。

そんな折、都内にある西原署の管轄内で、女子中学生が絞殺体となって見つかる。

しかも、遺体は誰もが閉口するほど無残な状態だった!突然、同級生を襲った非業の死…。

知らせを受けた同級生・小椋明音(清原果耶)らはそれぞれ、悲しみや恐怖の表情をにじませる。

一方、比嘉は浅川に連れられ、遺体発見現場へと向かう。

しかし、浅川は通り一遍のプロファイリングを展開するばかり。

そんな浅川に対し、西原署の刑事・中澤史明(工藤阿須加)はどうにも拭えない反感を覚え…。

そんな中、第二の連続殺人事件が発生してしまう――。

 

ボーダー動画1話auビデオパスでみるメリット

 

ボーダーを見た感想

 

波瑠さん主演のborderと言うことで、とても楽しみにしていました。

 

 

また、小栗旬さんのドラマに繋がっていくみたいなので、見逃さずに見たいと思っていました。

 

 

今回の放送分を見て、波瑠さん演じる比嘉ミカは、昔から凄く優秀だった事がよく分かりました。

 

 

しかしその比嘉ミカが、なぜ石丸幹二さん演じる、法医学部教授の浅川透にあそこまで使われているのか、とても気になりました。

 

 

女だからという理由で使われているのか、何か弱味を握られているのか、その辺りの人間関係もとても見所でした。

 

 

また、工藤阿須賀さん演じる刑事と浅川透は全く気が合わないのに、比嘉ミカとは、不思議と気が合って、お互いに情報交換しながら真相に近づいていく感じも、見ていて楽しませてもらいました。

終盤では、教授に異論を唱えて対立していく所が、比嘉ミカらしいなと思いました。

 

 

そして事件の真相もかなり気になります。

 

 

犯人だと思われて、逮捕されている人が違うとしたら、一体誰が犯人なのか。

 

 

これからまた新たな人物が出てくるのか、それともすでに出ている人の中で犯人がいるのか全く見当がつきません。

 

 

予告では、比嘉ミカと、浅川透は別々に犯人を追っていくようだったので、後半でどのように犯人にたどり着くのか、また、人間関係もどのようになっていくのか楽しみです。

 

波瑠さん演じる比嘉ミカについて

 

 

やりたいこともできずいいたいことも言えず、ただ上司である法医学教室の教授に従っている自分を不甲斐ないと感じながらも行動を起こすことができない波瑠さん演じる比嘉ミカはとても可哀想に見えます。

 

 

でも心の中にあるものを吐き出して今ある居場所を失ったら自分には何が残るんだろうと考えてしまい、動き出せないという心情はとてもよくわかります。

 

 

だからこそミカを自分の出世のために利用している石丸幹二さん演じる教授の浅川透は不快極まりないです。

 

 

ドラマだとわかっているのに、実際にこんな人本当にいそうだなと思わされてしまう演技力には驚かされますが、リアルすぎるため若干引いてしまいます。

 

 

湯浅の思い通りに進んでいくストーリーを見ているとミカの同僚である景子の”ミカはこんなずるい男のいいなりになるような女じゃない”という言葉が頭の中で繰り返し思い出され、工藤阿須加さん演じる刑事・中澤史明のように教授に対しての敵意が湧き上がってきます。

 

 

そんな中、ミカが教授の考えに真っ向から反対した瞬間はとても気分が良かったです。

 

前篇の最後でミカと敵対した湯浅が今後一人でどう動いていくのか、本当の犯人は誰なのか、ミカがどう真実を突き止めるのかなど後編のストーリー展開も目が離せないです。

 

ボーダーの公式ツイッターは