さくらの親子丼 動画 1話fod&auビデオパスは見逃し再放送配信中
今回ご紹介するドラマは、あたらしくスタートする注目作、『さくらの親子丼』です。

タイトル的には朝ドラのような感じがしなくもありません。

 

 

しかし、本作は『オトナの土ドラ』枠のドラマだったのですね。

 

 

この枠といえば、『屋根裏の恋人』、『ウツボカズラの恋』といった、タイトルからして怪しそうな作品が続いてきました。

 

 

今回も両作とおなじように、ちょっと怪しい内容になっていくのでしょうか。

 

それとも、少し意匠が異なった感じになっていく!?

 

視聴者としては、とても気になるところですよね。

 

そこで、ここでは『さくらの親子丼』についてくわしく取り上げていきたいと思います。

 

はたして、キャストの顔ぶれやあらすじはどうなっているのでしょうか。

 

サクラの親子丼動画最新話youtube公式予告

 

 

さくらの親子丼動画が無料視聴/見逃し配信/再放送できるVOD

FODプレミアム

月額料金が無料キャンペーン(入会日より31日間)中です

*yahooIDアカウント入会者になります。

期間限定で入会者や既存会員には1200ポイント付与ありで実質無料になります

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド(FOD))公式サイトは下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

 

 


同じくauビデオパスも無料でみれます

auユーザーは、映画館割引など実質映画が好きな方やドラマ好きな方に月額料金以上のサービスがあるため、お得です

「auビデオパス」公式サイトは下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

 

 

さくらの親子丼ドラマの見どころ

 

『オトナの土ドラ』枠の次期ドラマである、『さくらの親子丼』。

この枠で放送されてきたドラマは、文字通り大人向けの作品が多かったですよね。

『屋根裏の恋人』では、今井翼さんが屋根裏に住み着くという不気味な男性を演じて話題に。

『ウツボカズラの恋』では、あの志田未来さんが、したたかな「ウツボカズラ女」と化しました。

一方、『さくらの親子丼』は、ネーミング的には怪しさが感じられず、ホームドラマのような趣。

そのとおりで、『さくらの親子丼』は、前の2作とは異なり、怪しい要素はない内容となりそうです。

「さくら」とは主人公の名前。

主人公である九十九さくらがふるまう親子丼を食べる人たちによるヒューマンドラマが描かれるという、群像劇だといいます。

これまでとあまりにも感じが違うので、おどろいてしまいますね。

後でご紹介するあらすじをみても、これまでのような意味でのオトナな感じはありません。

後からやっぱりそういうところが出てくるのかどうかが注目されますね。

 

さくらの親子丼ドラマの放送地域、放送時間

 

フジテレビ系列
2017年10月7日(土曜日)午後23:40~

 

さくらの親子丼ドラマのあらすじ

 

物語の舞台となるのは、東京の古本屋である、「九十九堂」というお店。

経営しているのは、九十九さくら(真矢ミキ)です。

しかし、本業は古本屋であるにもかかわらず、九十九さくらにはもうひとつの顔がありました。

それは、親子丼を無料で人々に提供するというサービスだったのです。

「九十九堂」には「たまりば」と称されるスペースがあって、そこにはいろんな事情を抱えた人々がやって来るのでした。

「たまりば」に集まる人々の話を聞きながら、九十九さくらはひたすら親子丼を提供していきます。

こうして、いつしか「九十九堂」には、書籍目当てだけではなく、実にいろんな人々が集まってくることになるのでした。

九十九さくらと人々との人情に満ちた物語が幕を開けることになるのです。

 

さくらの親子丼ドラマのキャスト

 

九十九さくら(真矢ミキ)

二宮あざみ(吉本実憂)

九十九恭子(本仮屋ユイカ)

中西俊太(塚田僚一)

 

さくらの親子丼ドラマのスタッフ

 

企画:横田誠

企画協力:古賀誠一

脚本:清水有生

演出:阿部雄一、木内健人

チーフプロデューサー:市野直親

プロデュース:遠山圭介、浦井孝行、村山太郎

音楽:富貴晴美

主題歌:Hilcrhyme

 

さくらの親子丼ドラマについて

 

さくらの親子丼。

最初に感じたのは、「あら、美味しそう」という、ドラマでのストーリーではない、親子丼にそのものに対する感想でした。

でも、数ある丼の中で親子丼を選んだ意味、何らかのメッセージがあるはず。

舞台は古本屋でありながら、その奥で親子丼を無償で提供する、という一見ミスマッチなもの。

でも、その一見ミスマッチな存在が”味”を出している様に思えます。

古本屋「九十九堂」の主人、九十九さくらを演じるのは真矢ミキさん。

本人も心に傷を抱えており、社会からはみだしつつある者、はみだしてしまったけど、戻ろうと努力する者の心に寄り添おうとしている、それが”たまりば”。

でも決して甘やかすだけの場所ではないようです。

二宮あざみ(吉本実憂)が「泊まる場所がないから一晩泊めてほしい」と、さくらという申し出をしましが、さくらは断ります。

断った理由は定かではありませんが、”たまりば”という名が示す様に、あくまで(一時的に)たまる場所ではあって決して”家”ではない、そんな感じがします。

いつかは”たまりば”に頼ることなく、自分の足で歩いてほしいという願いが込められているのでは、と思います。

イントロダクションに「前を向こうとあがき続ける」、この言葉があります。

この言葉は昔何かで読んだ「人は希望があるから前に進むんじゃない、希望を探すという意思で前に進むんだ」、この言葉を想起させました。

難しいテーマのドラマですが、期待しています。それにしても、真矢ミキさん…相変わらず綺麗ですね。