さくらの親子丼 動画 1話無料pandora/fod&auビデオパスは見逃し再放送配信中

さくらの親子丼 ドラマ動画第1話無料fod&auビデオパスは見逃し再放送配信中

今回ご紹介するドラマは、あたらしくスタートする注目作、『さくらの親子丼』です。

タイトル的には朝ドラのような感じがしなくもありません。

 

 

しかし、本作は『オトナの土ドラ』枠のドラマだったのですね。

 

 

この枠といえば、『屋根裏の恋人』、『ウツボカズラの恋』といった、タイトルからして怪しそうな作品が続いてきました。

 

 

今回も両作とおなじように、ちょっと怪しい内容になっていくのでしょうか。

 

それとも、少し意匠が異なった感じになっていく!?

 

視聴者としては、とても気になるところですよね。

 

そこで、ここでは『さくらの親子丼』についてくわしく取り上げていきたいと思います。

 

はたして、キャストの顔ぶれやあらすじはどうなっているのでしょうか。

 

サクラの親子丼動画最新話youtube公式予告

 

 

さくらの親子丼動画が無料視聴/見逃し配信/再放送できるVOD

FODプレミアム

月額料金が無料キャンペーン(入会日より31日間)中です

*yahooIDアカウント入会者になります。

期間限定で入会者や既存会員には1200ポイント付与ありで実質無料になります

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド(FOD))公式サイトは下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

 

 


同じくauビデオパスも無料でみれます

auユーザーは、映画館割引など実質映画が好きな方やドラマ好きな方に月額料金以上のサービスがあるため、お得です

「auビデオパス」公式サイトは下記です。

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

 

 

 

さくらの親子丼ドラマの見どころ

 

『オトナの土ドラ』枠の次期ドラマである、『さくらの親子丼』。

この枠で放送されてきたドラマは、文字通り大人向けの作品が多かったですよね。

『屋根裏の恋人』では、今井翼さんが屋根裏に住み着くという不気味な男性を演じて話題に。

『ウツボカズラの恋』では、あの志田未来さんが、したたかな「ウツボカズラ女」と化しました。

一方、『さくらの親子丼』は、ネーミング的には怪しさが感じられず、ホームドラマのような趣。

そのとおりで、『さくらの親子丼』は、前の2作とは異なり、怪しい要素はない内容となりそうです。

「さくら」とは主人公の名前。

主人公である九十九さくらがふるまう親子丼を食べる人たちによるヒューマンドラマが描かれるという、群像劇だといいます。

これまでとあまりにも感じが違うので、おどろいてしまいますね。

後でご紹介するあらすじをみても、これまでのような意味でのオトナな感じはありません。

後からやっぱりそういうところが出てくるのかどうかが注目されますね。

 

さくらの親子丼ドラマの放送地域、放送時間

 

フジテレビ系列
2017年10月7日(土曜日)午後23:40~

 

さくらの親子丼ドラマ公式予告youtube

さくらの親子丼ドラマ動画の無料視聴・見逃し配信できるVOD

さくらの親子丼ドラマのあらすじ

 

物語の舞台となるのは、東京の古本屋である、「九十九堂」というお店。

経営しているのは、九十九さくら(真矢ミキ)です。

しかし、本業は古本屋であるにもかかわらず、九十九さくらにはもうひとつの顔がありました。

それは、親子丼を無料で人々に提供するというサービスだったのです。

「九十九堂」には「たまりば」と称されるスペースがあって、そこにはいろんな事情を抱えた人々がやって来るのでした。

「たまりば」に集まる人々の話を聞きながら、九十九さくらはひたすら親子丼を提供していきます。

こうして、いつしか「九十九堂」には、書籍目当てだけではなく、実にいろんな人々が集まってくることになるのでした。

九十九さくらと人々との人情に満ちた物語が幕を開けることになるのです。

 

さくらの親子丼ドラマのキャスト

 

九十九さくら(真矢ミキ)

二宮あざみ(吉本実憂)

九十九恭子(本仮屋ユイカ)

中西俊太(塚田僚一)

 

さくらの親子丼ドラマのスタッフ

 

企画:横田誠

企画協力:古賀誠一

脚本:清水有生

演出:阿部雄一、木内健人

チーフプロデューサー:市野直親

プロデュース:遠山圭介、浦井孝行、村山太郎

音楽:富貴晴美

主題歌:Hilcrhyme

 

さくらの親子丼ドラマに期待すること

 

心のやり取りを見られそうな雰囲気に惹かれました。

行き場のない人に無償で親子丼を出すというのが、今の時代にもどこかであってほしいなと憧れに近いものをあらすじに感じ、暖かさとか情けが大切である事を教えてくれるんじゃないかと期待してしまいます。

また家出少女や引きこもり、少年院出所など複雑さを抱える登場人物達の心象をいかに演じられるか役者さん達に注目なのと、そこにどう寄り添うのか人それぞれに色んな事情がある事をドラマを通して感じたくなりました。

また達也と美香の兄妹の雰囲気が似てる気がしたのにも期待度が上がりましたし、達也演じる今井悠貴さんは実力の確かな俳優さんなのでまた観られるのが嬉しいです。

さくら役の真矢さんは今までキャリアウーマンとか仕事筋のイメージが強かったので今回の母親のような優しさをどのように表現されてるのか楽しみです。

タイトルの親子丼というのも家族とか親と子の問題をメッセージとして含んでるのかなと思ったり、真矢さんがインタビューで視聴した後に親子丼が食べたくなるような温かいドラマになれれば良いと仰られていたのを読んで、もう既に親子丼が恋しくなりました。

そして主題歌をHilcrhymeさんが担当してるので、こちらも聴けるのを楽しみにしてます。